経営学部・経営学科

経営学部・経営学科

学びの特徴

1.習熟度別クラス編成でビジネススキルを着実に修得。

「会計」「情報」「英語」を中心に、現代ビジネスには欠かせない能力を磨くための科目を数多く開設しています。また、それまで修得しているスキルの応じた習熟度別でクラス編成を行い、着実にレベルアップを図ります。

2.現代の企業経営に即した指導内容とカリキュラム。

指導にあたるのは、研究者のみならず、企業での実務経験者などで構成された多彩な教師陣。最新の経営理論やビジネスの現場から得た知見などが、幅広く学びます。また、個々の進路志望に合わせて資格取得を支援する科目も充実しています。

3.問題を発見・解決。その力をアクティブラーニングで育成。

自らが主体となって学習・研究する「アクティブラーニング」を重視。社会のあらゆる課題を経営学の視点でとらえ、問題を発見・分析しその解決策を探ります。これは将来、企業人としてはもちろん、社会人としても役立つ能力といえます。

一人ひとりが目標を達成するための、選べる3コース

経営学部には、公務員や金融専門職から、一般企業、スポーツ指導者まで幅広い進路をめざす学生が在籍しています。
その希望や興味・関心に応じ、基礎から専門知識まで幅広く身につけることができるように、3つのコースを設置しています。

総合経営コース

講義や演習を通して総合的に経営学を学び、さまざまな組織を運営するための能力や会計・情報などの実践的能力を修得。企業人や起業家、会計の専門家、自営業を引き継ぐ学生などに最適です。

金融マネジメントコース

銀行や証券会社、保険会社など金融に携わる人材、地域経済や地域金融の知識を持った公務員をめざす人材を養成します。ファイナンシャル・プランナーなどの資格取得に役立つスキルも修得できます。 

スポーツマネジメントコース

スポーツを競技としてではなく、ビジネスとして携わるための理論や知識を修得します。スポーツマネジメントを通じて将来のスポーツ界の中心で活躍できる人材育成をめざした教育を展開しています。
専門教育科目一覧(2017年度)
基礎専門科目経営学総論A・B
情報倫理
簿記論Ⅰ・Ⅱ※
 
上級簿記A・B※
 
専門科目企業論A・B
国際経営論
経営管理論A・B
人事管理論A・B
財務管理論A・B
商学概論A・B
マーケティング論A・B
経営シミュレーション
生産管理論A・B
経営組織論A・B
経営戦略論A・B
農業経営論A・B
経営史
エコビジネス
経営情報論Ⅰ・Ⅱ
会計学Ⅰ・Ⅱ
財務諸表論A・B
管理会計論A・B
原価計算論Ⅰ・Ⅱ
税務会計論A・B
会計監査論A・B
環境会計学
初級ビジネスゲーム
上級ビジネスゲーム
寄付講義
特別講義
証券投資論
情報社会論
コンピュータ概論Ⅰ・Ⅱ
コンピュータ管理演習
Webサイト構築演習
アルゴリズムⅠ・Ⅱ
C言語Ⅰ・Ⅱ
C言語応用演習Ⅰ・Ⅱ
プログラミング演習
応用プログラミング演習
応用コンピュータ演習
Office応用演習
情報システム論
データベース
マルチメディアⅠ・Ⅱ
情報通信ネットワーク論Ⅰ・Ⅱ
問題解決技法(シミュレーション)
投資教育論
マクロ経済学
ミクロ経済学
計量経済学A・B
日本経済論
経済政策論
金融論A・B
財政学A・B
統計学Ⅰ・Ⅱ
経済数学Ⅰ・Ⅱ
経済情報分析
経営分析A・B
金融機関論A・B
ファイナンスA・B
国際金融論A・B
ファイナンシャルプランナー演習Ⅰ・Ⅱ
ライフプランニング実習
金融シミュレーション演習
観光学概論A・B
観光福祉論A・B
国際観光論A・B
スポーツ経営論
スポーツマーケティング
スポーツ産業論
ビジネス英語A・B
情報と職業Ⅰ・Ⅱ
関連科目社会学概論
憲法概論Ⅰ・Ⅱ
民法概論
企業法概論A・B
会社法Ⅰ・Ⅱ
知的財産法A・B
税法
金融法
社会福祉と法
スポーツ法学
スポーツ行政学
進路支援科目インターンシップ
ボランティア
ビジネスコンピューティングセミナー
ITパスポートセミナー
販売士(小売商)セミナー
TOEICセミナー
医療事務セミナー
 
特別講座A(公務員講座)
特別講座B(教職講座)
 
 
演習進路研究演習1
進路研究演習2
進路研究演習3
進路研究演習4
専門演習Ⅰ
 
専門演習Ⅱ
専門演習Ⅲ
 
自由科目人文地理学
哲学概論
宗教学概論
職業指導
教職概論
教育原理
発達支援教育概論
教育心理学
教育の制度及び行政
学校経営学
生涯学習論
特別活動の研究
商業科教育法
情報科教育法
道徳教育の研究
教育方法・技術論
生徒指導論
教育相談論
介護等体験
教育実習事前指導
教育実習Ⅱ
教職実践演習
※簿記論Ⅰ·Ⅱまたは上級簿記A·Bいずれか選択

Teacher's Message

100人に100通りの❝伸びシロ❞がある、それが大学生活です。

本学部には、皆さんが社会人になった際、「なりたい自分」になるために必要な基本的技術の修得から、その技術を運用するための遂行能力にいたるまでを「経営学」を通して身につけられる環境が整っています。しかし、その環境を生かすのは自身の心がけ次第。「知らないことを知りたい」という気持ちを常に持ちながら学生生活を送ることが大切です。自分の夢や「こうありたい」という姿を思い浮かべてから入学すると、その後の自分の伸び幅は最大限に大きくできるはずです。産経大経営学部で、一緒に将来を見つけましょう。

経営学部准教授 田中 賢一

「鳥の目」「虫の目」「魚の目」を持ち、自分にチャレンジすることが大切

経営学部では、企業が有するヒト・モノ・カネ・情報という経営資源をいかに効果的に配分・活用して企業を豊かにするかを学んでいきます。ミクロの視点、いわば「虫の目」で企業の足下を見つめ直す力を養っていくといえます。
併せて、4年間の学びのなかで、大所高所から広い視野で物事全体を見つめる「鳥の目」(例えばグローバルな視点)を養うことで大局観を把握することができるようになること、また「魚の目」を持つことでトレンド(時代の流れ)を見極めることができるようになることも大切です。
現代はエネルギー転換とIoTなどの技術革新が共鳴し、第四次産業革命に通じるともいわれています。このような激動の時代を生きていくことになる皆さんには、自分に挑戦し続けることでこれら3つの目を磨き、時代の変化や流れを読み取り、社会に貢献していく人材となっていける学習環境を用意しています。

経営学部教授 奥村 憲博