経営学部・経営学科

経営学部・経営学科

学びの特徴

1.ビジネスに必要な3つの能力を修得します

ビジネスに必要とされる能力に、会計、情報、英語があります。経営学部ではこれらの能力を身につけ、磨けるように、関連した科目を配置しています。またそれまで習得しているスキルに応じた習熟度別でクラス編成を行い、さらなるレベルアップを図ります。

2.現代の企業経営に即したカリキュラムを用意しています

多様な専門分野を持つ教員らによる、最新の経営理論やビジネスの現場から得た知見など、基礎理論から専門的、実践的な内容まで幅広く学べます。また、個々の進路志望によって、会計、情報、英語というビジネスの基礎から、観光や医療福祉など特徴ある業界に関する資格取得も含めた科目も充実しています。

3.アクティブラーニングで問題発見能力と問題解決力が身につけられます

アクティブラーニングとは、自らが主体となって学習・研究する学び方です。社会の至る所にあるものを題材に経営学の視点でとらえ、分析することで将来に役立つ能力を身につけるトレーニングとなります。

将来の希望に合わせて選べる3コースを設定

経営学部には、金融専門職や公務員に加え、一般企業、スポーツ指導者など幅広い進路をめざす学生が在籍しています。それぞれの目標に合わせてコースを3つにわけ、各コースに設定された指定科目とともに多彩な選択科目を提供しています。希望や興味関心に応じ、基礎から専門知識まで幅広く身につけられます。

総合経営コース

経営学に関する理論と幅広い知識、会社やそのなかにある部署やチームなどさまざまな組織を運営するためのマネジメント能力を習得します。また会計や情報などの実践的知識も習得できます。起業家や企業の役員などの経営の専門科、また企業においては総合職、経理事務職、IT専門職など幅広い仕事に対応したコースです。

金融マネジメントコース

銀行や証券会社、保険会社など金融に携わる人材、地域経済や地域金融の知識を持った公務員をめざす人材を養成します。ファイナンシャルプランナーなどの金融に関連した資格取得、実践能力の醸成、また地域経済や金融に関わる分析能力を修得するコースです。
 
 

スポーツマネジメントコース

スポーツと健康をキーワードに地域を支えるスポーツ振興に関する理論と知識を修得します。スポーツ指導員に関する資格取得にも対応しており、スポーツ健康に関わる職種・業種・民間企業をめざす人に最適なコースです。
 
 
 
専門教育科目一覧(2016年度)
基礎専門科目経営学総論A・B
情報倫理
簿記論Ⅰ・Ⅱ
 
上級簿記A・B
 
専門科目企業論A・B
国際経営論
経営管理論A・B
人事管理論A・B
財務管理論A・B
商学概論A・B
マーケティング論A・B
経営シミュレーション
生産管理論A・B
経営組織論A・B
経営戦略論A・B
農業経営論A・B
経営史
エコビジネス
経営情報論Ⅰ・Ⅱ
会計学Ⅰ・Ⅱ
財務諸表論A・B
管理会計論A・B
原価計算論Ⅰ・Ⅱ
税務会計論A・B
会計監査論A・B
環境会計学
初級ビジネスゲーム
上級ビジネスゲーム
寄付講義
特別講義
証券投資論
情報社会論
コンピュータ概論Ⅰ・Ⅱ
コンピュータ管理演習
Webサイト構築演習
アルゴリズムⅠ・Ⅱ
C言語Ⅰ・Ⅱ
C言語応用演習Ⅰ・Ⅱ
プログラミング演習
応用プログラミング演習
応用コンピュータ演習
Office応用演習
情報システム論
データベース
マルチメディアⅠ・Ⅱ
情報通信ネットワーク論Ⅰ・Ⅱ
問題解決技法(シミュレーション)
投資教育論
マクロ経済学
ミクロ経済学
計量経済学A・B
計量経済学A・B
日本経済論
経済政策論
金融論A・B
財政学A・B
統計学Ⅰ・Ⅱ
経済数学Ⅰ・Ⅱ
経済情報分析
経営分析A・B
金融機関論A・B
ファイナンスA・B
国際金融論A・B
ファイナンシャルプランナー演習Ⅰ・Ⅱ
金融シミュレーション演習
観光学概論A・B
観光福祉論A・B
国際観光論A・B
スポーツ経営論
スポーツマーケティング
スポーツ産業論
ビジネス英語A・B
情報と職業Ⅰ・Ⅱ
関連科目社会学概論
憲法概論Ⅰ・Ⅱ
民法概論
企業法概論A・B
会社法Ⅰ・Ⅱ
知的財産法A・B
税法
金融法
社会福祉と法
保険法
スポーツ法学
スポーツ行政学
進路支援科目インターンシップ
ボランティア
ビジネスコンピューティングセミナー
ITパスポートセミナー
販売士(小売商)セミナー
TOEICセミナー
医療事務セミナー
 
特別講座A(公務員)
特別講座B(教職)
 
 
演習進路研究演習1
進路研究演習2
進路研究演習3
進路研究演習4
専門演習Ⅰ
 
専門演習Ⅱ
専門演習Ⅲ
 
自由科目人文地理学
哲学概論
宗教学概論
職業指導
教職概論
教育原理
発達支援教育概論
教育心理学
教育の制度及び行政
学校経営学
生涯学習論
特別活動の研究
商業科教育法
情報科教育法
道徳教育の研究
教育方法・技術論
生徒指導論
教育相談論
介護等体験
教育実習事前指導
教育実習Ⅱ
教職実践演習

Teacher's Message

「鳥の目」「虫の目」「魚の目」を持ち、自分にチャレンジすることが大切

経営学部では、企業が有するヒト・モノ・カネ・情報という経営資源をいかに効果的に配分・活用して企業を豊かにするかを学んでいきます。ミクロの視点、いわば「虫の目」で企業の足下を見つめ直す力を養っていくといえます。
併せて、4年間の学びのなかで、大所高所から広い視野で物事全体を見つめる「鳥の目」(例えばグローバルな視点)を養うことで大局観を把握することができるようになること、また「魚の目」を持つことでトレンド(時代の流れ)を見極めることができるようになることも大切です。
現代はエネルギー転換とIoTなどの技術革新が共鳴し、第四次産業革命に通じるともいわれています。このような激動の時代を生きていくことになる皆さんには、自分に挑戦し続けることでこれら3つの目を磨き、時代の変化や流れを読み取り、社会に貢献していく人材となっていける学習環境を用意しています。

教授 奥村 憲博

問題意識を高く、自学の姿勢をもって学ぶことで社会の即戦力人材、将来の経営者となれます

経営学を学ぶにあたって大切なのは、社会のあらゆるものに興味・関心を持つことです。企業経営の主要な資産である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」はもちろんのこと、政治経済、金融、法律、社会制度なども経営には関連しています。経営学部の特徴は、実学の精神を尊重する教育体制が整っていることです。とくに、学習した知識を生かしていくアクティブラーニングを実施し、それが多くの学生の成長を促し、社会の即戦力となる力を養っています。さらに、4年間の学びのなかで、経営に関する知識とその知識にもとづいた実践から得られる「経営学的思考」を修得していきます。この「経営学的思考」は企業における日常の選択や経営判断のよりどころとなるものです。自ら行動したい、社会のために何かを始めたい、起業を考えているといった人が、主体的に動き、成長できるプログラムが用意されています。

教授 浅井 重和