学部・学科

潜在能力を引き出すMSUのキャリア教育

人格形成と希望に沿った将来デザインを図る正課の科目や少人数制を生かした密できめ細かな指導で一人ひとりのポテンシャルを最大限に引き出します。

社会に出るまでの準備

サンプル画像
大学4年間は社会へ飛び出すための助走路ともいえます。人としての素養・資質を確かなものとしながら、夢・目標を見出し、その達成に向けて準備を行う貴重な時間です。
産経大では、4年間を通して教員が指導を担当する「進路研究演習(Cナビ)」を軸に、専門領域を深く掘り下げ研究する演習などを配し、夢の実現をサポートしています。いずれも少人数制で行われ、教員やゼミ生との緊密な人間関係は、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力などの修得にも最適な環境です。

社会で活躍するための能力開発

サンプル画像
希望する進路によっては、知識・技術の修得の証明として資格の取得が求められる分野があります。独学で資格取得することも不可能ではありませんが、効率的でないことも確かです。産経大では、希望進路に応じて専門知識・スキルを身につけるための教育システムが充実しています。一般的な学びに加えて、さらに専門領域の学びを進める「学内塾」など、大学が有する知の財産を有効に活用し、多様性と専門性を身につけるシステムを整えています。

社会にでるための対策

サンプル画像
社会に出て活躍するために避けては通れないのが就職採用試験です。産経大では、公務員や教員などをめざす学生を対象とした講座を開講し、目標の達成をサポートしています。「公務員講座」は、基礎から応用、実践へと無理なくステップアップでき、プログラム修了後に直前対策講座を開講。採用試験に合わせたスケジュールで、複数年かけて学習していくプログラムです。「教職講座」は実践的なノウハウを中心に、教職課程をフォローする内容となっています。