学部・学科

Wスクール(公務員講座・教職講座)

国家公務員や地方公務員、学校教諭などをめざす学生のために、本格的な対策講座を1年次から開講しています。独自のカリキュラムとオリジナルテキストを活用し、公務員受験専門学校の講師が本学で直接指導にあたります。各種公務員試験の採用試験対策として「特別講座A(公務員講座)」を、教員採用試験対策として「特別講座B(教職講座)」をそれぞれ開講。一般企業のSPI試験対策としても役立つ内容です。
どちらも受講料は無料(教材費のみ自己負担)です。学外で同様の講座を受けるのに比べ、コストだけでなく時間も節約できます。
●特別講座A(公務員講座)
「基礎講座」「公務員本科講座」「応用講座」「公務員実践講座」の4つのステージで構成され、いかなる試験でも必要となる教養科目を中心に講義を行います。「公務員本科講座」は、公務員をはじめ幅広い職種の採用試験に対応したカリキュラムで形成され、知識の定着を図るため何度でも繰り返し受講することが可能です。また、上級公務員などをめざす学生は「応用講座」を経てレベルを上げた「公務員実践講座」を受講することができます。めざす職種や個々のレベルに合わせて効率よく受講できるよう講座を開講しています。さらに、就職活動の実践的な対策として面接や論作文などの講座を行う「直前対策講座」も併せて設けています。
●特別講座B(教職講座)
一般・教職教養から、面接・集団討論・模擬授業などの人物試験に至るまで、教員採用試験で問われる内容を重点的に指導します。専門教科については、学内の教員と連携を図りながら、講座以外の時間に学べるよう個別指導を実施。教職課程を履修するだけでは得られない内容が盛りだくさんです。

Wスクール

基礎講座

公務員本科講座受講希望者を対象に5~7月に開講。公務員教養基礎+民間企業SPI試験対策など全25回(予定)の講座で、各種就職試験において最低限必要な教養基礎力を身につけます。なお、公務員本科講座を受講するためには、この基礎講座を受講し、選抜試験と面接をクリアすることが条件になります。

公務員本科講座

基礎講座を受講し選抜試験と面接をクリアした学生が受講できる講座で、8月~翌年3月に開講しています。警察・消防などの公務員、日本郵政やJAなどの準公務員試験向けの講座で全140回(予定)開講します。基礎講座で修得した知識の定着を図りながら、より幅広い知識を身につけていきます。

応用講座

公務員本科講座を修了した人を対象に5月~7月に全25回(予定)開講するレベルアップを目的とした講座です。公務員教養応用+面接対策などを行います。基礎講座と本科講座で身につけた知識を実践に応用する“真の実力”を養います。なお、公務員実践講座を受講するためには、この応用講座を修了することが条件になります。

公務員実践講座

応用講座を修了した学生で、市役所や県庁などの公務員上級試験の受験を考えている人や、難関といわれる民間企業をめざしさらなるレベルアップを図りたい人を対象とした講座で、7月中旬~12月に全100回(予定)開講します。これまで修得した幅広い知識をさらに広げながら、実践的な応用力を養います。

直前対策講座

就職活動の基礎固めを徹底的に行う「履歴書記入セミナー」、各試験区分や一次面接・二次面接など段階に合わせて実践演習を重ねる「面接・論作文実践演習セミナー」など、履歴書作成から面接演習までを網羅し、万全の態勢で臨むためのセミナーを開講。できるだけ多くの受講者が最善の結果が得られるよう、講座修了後の7月以降にも個別面接指導を実施し、長期間にわたり徹底的にフォローします。
※直前対策講座は別途受講料が必要です。

教職講座

教職希望者を対象に、10月~12月に全30回(予定)開講。教育原理や教育心理など教職教養対策を実施しています。

Message

わかりやすい講座で苦手分野もつかみやすいです

入学前からWスクールで公務員講座が開講されていることは知っていましたが、1年次は資格取得に重点を置き学内塾を受講したためWスクールの受講は2年次になってからでした。将来の進路に公務員を考えているなら1年次から始めるのがベストだと思います。私の場合、はじめは公務員に“なれたらいいな”という感じでしたが、だんだんとなりたいと思う気持ちが強くなってきました。テキストをもとに丁寧に教えてもらえ、また、分野ごとに単元を分けて進められるので、自分が苦手としている分野がすぐわかり、克服するための対策がとれます。さらに、月に1回、確認テストなどで振り返る時間もあるので、自分の到達度を知り、受講者間での比較もできます。めざす道をつかむため、これから本格的に試験対策に取り組んでいきます。自分の仕事に責任を持ってあたるのは当然として、事がスムーズに運び、場の雰囲気を良くできる潤滑剤の役割も果たせるようになれたらと思っています。

寺原 よう子 さん
経営学部4年(宮崎県宮崎商業高等学校出身)