学部・学科

進路研究演習(Cナビ)

将来を展望する視野を広げ、学生一人ひとりの自己実現を支援する4年一貫の必修科目「Cナビ」
「学生一人ひとりが将来への目標を見定め、実行し、卒業後の自分を形づくる」。これが、学生たちが社会に出る準備を整えるために設けたキャリア教育システム「Cナビ」の大きなテーマです。一人の教員が、4年間を通して一人ひとりの学生とじっくり向き合い見守ることでポテンシャルを引き出し、その夢や目標達成をサポート。社会観や職業観を確立するとともに、社会人として求められる実践的な力を育成・強化していきます。

Cナビの特徴

サンプル画像
教員と職員が連携し、学生の情報を共有し、「日本一面倒見の良い大学」を実現
学生がどんな目標を立て、何を実践し、いかなるプロセスを経て成長したのか。また、その興味・関心や希望進路はどのようなものなのかなど、各学生の情報をCナビの担当教員や専門ゼミの指導教員、就職総合支援センター職員が共有。連携しながら、進路実現をサポートします。
サンプル画像
実社会を自分の目で見ることで職業観を養い、働く意義を理解
社会で働くことの意義を理解し、職業観を養う上で大切なフィールドワークを実施。2017年度には、1年生が「霧島酒造」、2年生が「宮崎銀行」「SMBC日興証券」を訪問。実際の仕事を見学したり、経営戦略などの話を伺ったりして、企業活動の実態を体感します。
サンプル画像
成果の発表を通して、プレゼンテーションの能力を養成
フィールドワークの集大成としてCナビごとに研究発表を実施。訪問する企業について事前に調査・研究した内容に、体験を通して得られた知見を加え、その成果を発表。PowerPointを用い、ソフトの活用術とともに、実践的プレゼンテーション能力を修得します。