経営学部・経営学科

スポーツマネジメントコース〈スポーツ健康学系〉

スポーツの未来を切り開く新たな視点と実践力を持った人材を育成

スポーツと経営が理解できるスキルを備えたスペシャリストの育成を目指しています。カリキュラムには「スポーツ=健康増進」という図式の中だけでなく、「スポーツ+産業」として据え直すことで、スポーツに新たな将来性と価値を付加することができ、その基礎と専門知識が修得できる科目を設置。スポーツメーカーや健康ビジネス分野への就職はもちろん、スポーツ団体や企業などの経営・運営、地域社会におけるスポーツビジネスなどに携わることができる人材を養成していきます。

履修モデル(2019年度)

サンプル画像3

めざす進路

スポーツ指導員/スポーツ施設管理企業/スポーツクラブ職員/
スポーツ用品メーカー/企業(事務・営業職)/教員/警備保障関連/警察官/消防士 など

Message

学ぶことがパフォーマンス向上や未来の可能性を広げると感じています

幼い頃からやっている新体操を続けたくて、産経大へ進学しました。経営学総論や簿記論など経営の基礎からトレーニング科学、スポーツ指導論、スポーツ医学といったスポーツ関連の科目まで幅広く学んでいます。体の仕組みや指導者の考え方を知ることで自分のパフォーマンスの向上にも役立っています。小・中学生に新体操を教える際、授業で得た知識を実践しています。将来スポーツ指導者になる道も視野に入れながら努力を続けます。

黒瀬 加鈴 さん
経営学部2年(鹿児島県鹿児島純心女子高等学校出身)