経営学部・経営学科

スポーツマネジメントコース

スポーツと健康に関わる幅広い理論とスキル、実践力が身につけられます

スポーツマネジメントコースは、近年注目を浴びているスポーツや健康に焦点をあてて、地域におけるスポーツビジネスの振興を目的としたカリキュラムを用意。本コースは、スポーツ全般の知識を修得するとともに、スポーツに関するビジネスを幅広く学習するスポーツ経営学やスポーツマーケティングなどを設けています。本コースは、スポーツ関連の仕事を望む学生、または中学校・高等学校の保健体育の教員志望の学生、スポーツ指導員の資格を取得したい学生が多く在籍しています。将来はスポーツと経営を理解できる地域社会のスポーツ新王を支える人材として幅広く活躍する機会を得ることが可能です。

コース指定科目

スポーツマネジメントコース
 スポーツ経営論/スポーツマーケティング/スポーツ産業論/スポーツ法学/スポーツ行政学

めざす進路

スポーツ指導員/スポーツ施設管理企業/スポーツクラブ職員/
スポーツ用品メーカー/企業(事務・営業職)/教員/警備保障関連/警察官/消防士 など

Message

競技者としても人としても成長できる環境です

中学生のころから始めた空手を部活動で続けながら、その経験と学びを融合できることからこのコースを選びました。スポーツマネジメントは、心理学についても学べるため、指導者の気持ちが理解できるようになり、競技面でもメンタル強化につながったと感じています。体の仕組みについても学べ、競技をするうえで、しなければいけないこと、してはいけないことなどもわかるようになりました。ほかにも経営戦略など社会の仕組みを知る内容も学べるのがいいところで、今はまだ漠然としていますが、将来スポーツ経営の分野に進みたいという気持ちが大きくなってきました。入学当初は、親元を離れての生活に大変さを感じたこともありましたが、先生方や先輩、友達の存在が大きな支えになりました。同じ部活の仲間だけでなく、部活動の枠を越えた人との交流で、多様な価値観に触れ視野も広がり、状況に合わせた受け答えなどが自然にできるようになっていきました。どんな道においても「努力は必ず報われる」を信じて、進んでいこうと思います。

有田 優希 さん
経営学部4年(大分県大分南高等学校)