法学部・法律学科

スポーツ法学コース

スポーツや健康に関する法的知識を学ぶとともに、豊かな人間性を育成。

本コースでは、スポーツの現場で的確な指導ができる専門スキルと豊かな人間性を備えた人材の育成に力を入れています。スポーツ法学、スポーツ行政学、スポーツマーケティングなど、スポーツに特化した専門科目をコース指定科目とし、学生たちはプロ・アマチュアスポーツの契約問題や肖像権問題などの研究を通してスポーツに関連する法的な問題を考察するとともに、高齢化社会を迎え、健康やスポーツへの関心が高まる現代に生きる力を身につけています。

コース指定科目

スポーツ法学コース
 地方経営論(まちづくり)/親族・相続法A/消費者と法/スポーツ法学/
スポーツ行政学/スポーツ経営論/スポーツマーケティング/スポーツ産業論

めざす進路

スポーツ指導員/スポーツ施設管理企業/スポーツクラブ職員/
スポーツ用品メーカー/企業(事務・営業職)/教員/警備保障関連/警察官/消防士 など

Message

勉強に取り組みやすい環境が充実。就職率の高さも魅力です。

小学校から続けてきたサッカーと学問が両立できる大学を探していた時、高校の先生や先輩から産経大のことを教えてもらいました。その後、就職率が高く、特に公務員志望者への支援が充実していることが分かり進学を決めました。授業では、スポーツに関連した仕事に就く際に役立つ知識が幅広く修得できます。公務員やスポーツ関連など、幅広い選択肢から自分にとってベストな職業を選びたいです。

郷司 宏貴 さん
法学部4年(福岡県誠修高等学校出身)