法学部・法律学科

法律実践コース〈法律学系〉

専門知識を修得し、徹底した指導のもと、法律の実務家を目指す

行政書士•司法書士などの法律専門職をはじめ、司法試験合格や法科大学院進学を目指す学生をサポートするカリキュラムが充実しています。憲法(人権)・民法概論・刑法総論などの必修科目に加え、物権法・債権法総論・会社法などのコース指定科目を中心に学びます。また、国家試験対策の徹底した指導も実施しています。こうして4年間で修得した専門的スキルは、法曹界だけでなく、一般企業の法務部門などでも生かすことができます。

履修モデル(2021年度)

サンプル画像3

目指す進路

弁護士/裁判官/検察官/国家公務員/
司法書士/行政書士/企業(法務部門)/不動産業/金融業 など

Message

一人ひとりへのきめ細かい指導で 確実にスキルが身に付きます

本コースの授業では、単に講義を聴くだけでなく、自分で考える時間をしっかり与えてもらえます。おかげで、その都度学んだ内容をじっくりかみ砕いて理解でき、確実にスキルが身に付いている実感があります。現在は、宅地建物取引士の資格取得を目標に学内塾で学んでおり、実際にアパート入居時に理解に苦しんだ説明を自分でできるようになりたいと思っています。

加藤 佑里子さん
法学部3年(宮崎県都城西高等学校出身)