法学部・法律学科

法律実践コース

法律の実務家をめざすうえで必要な知識修得と国家試験突破に向けたトレーニングを実施

物権法、債権法などをコース指定科目に設定し、法律の専門性を将来の自分に生かせる幅広い法律の知識・理解を身につけることができます。法曹(弁護士、裁判官、検察官など)をめざし法科大学院進学を希望する人、司法書士・行政書士などの法律専門職をめざす人、法律知識をもとに企業で活躍したい人など、法律の実務家を育成します。民法や企業関連法をきちんと学ぶので、金融や不動産関連分野に進むことも可能です。

コース指定科目

法律実践コース
 憲法(統治)/刑事訴訟法Ⅰ/民法総則/物権法Ⅰ/
債権法総論/民事訴訟法/会社法Ⅰ/法的論述力養成講座A・B

めざす進路

弁護士/裁判官/検察官/国家公務員/
司法書士/行政書士/企業(法務部)/不動産業/金融業 など

Message

法曹をめざしたコースを選択し意識も大きく変わりました

法律実践コースを選んだのは、法曹をめざしていて、専門的な知識を身につけたいと思ったからです。そもそものきっかけは刑事ドラマでした。当然、好きな分野は刑法で、学んでいても楽しくて仕方ないくらいです。総論では犯罪の概念を中心に、各論では窃盗罪などニュースでよく耳にする犯罪の具体的な内容を学んでいます。法律は生活のなかでふれる機会が多く、そうした場面で、知識をもとにいろいろなことに気づけるようになったと思います。現在は、法律の知識を増やしつつ定着させている感じです。その度合いを測るために、行政書士や司法試験予備試験にもトライ。合否の結果よりも、どんな部分が足りないのかを把握し、その後の学習に役立てています。先生方はみな親身で、わかるまで丁寧に指導してくださいます。わからないことがあったら積極的に質問しに行くというスタンスが身につくと同時に、学ぶからにはその場限りでなく、少しでも多くのことを吸収しようという意識も高まりました。高校までの自分と比べ大きく変わったことに自分でも驚いています。

松田 恵 さん
法学部4年(宮崎県延岡高等学校出身)