学校案内

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

法学部は、「法的思考能力と判断力及び深い教養と豊かな人間性を兼ね備え、地域に貢献しうる人材を養成する」という教育目的を実現するため、下記の教育課程を編成しています。

1.豊かな人間性の涵養と基礎学力を身につけるため、総合教育科目(全学共通科目)を配置しています。

2.法的思考能力と判断力を身につけ、社会の課題に取り組む能力を養うため、体系的に専門教育科目を配置しています。

3.学生がそれぞれの将来の進路に応じ学べるよう、コース制を導入し、コースごとに指定科目を設け段階的な学習ができるよう配置しています。

4.コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を習得するため、全学年を通じて少人数による必修の演習科目を編成しています。


経営学部は、営利・非営利組織を問わず多様な組織におけるマネジメントの知識・技能を体系的に教授研究し、経済情勢と変化に対応しうる経営能力と実践能力および深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を下記の方針で養成することを教育目的としています。

1.総合教育科目
総合教育科目として、豊かな人間性醸成のため、人間形成に関する科目を選択科目として複数配置しています。また国際性豊かな人材を育成するため、英語を必修としたうえで複数の外国語科目を設置しています。

2.専門教育科目
経営の実践能力醸成のため、少人数のクラス単位による演習授業である「進路研究演習」を必修としています。また、マネジメント、経営学の基礎的知識の習得のため、経営、情報、会計の分野の基礎を必修科目として設置しています。そして多様な組織のマネジメント能力醸成のため、経営学に関する多数の分野に適応した選択科目を設置しています。さらに、専門演習(専門ゼミナール)を2年次から設置し、4年次の卒業論文を必修とし、早期に高い専門性を身に付けることを目指します。