経営学部・経営学科

金融マネジメントコース

金融に関する知識とスキルを身につけ、地域を支える金融のスペシャリストを育成

金融マネジメントコースは、生活するうえで欠かすことができないお金の流れや銀行・信用金庫などの金融業を理解するために必要な知識を中心に学習します。本コースの指定科目としては、企業の資金調達を学習するファイナンスや企業の経営状況を把握する経営分析などが開講されています。また、個人のマネーアドバイザーであるファイナンシャルプランナーの取得をめざす演習科目も設置されています。本コースを希望する学生は、銀行や証券会社、保険会社などの金融業をめざす学生、また公務員など地域に貢献したいと考える学生が多く、地域社会を意識した幅広い学習を行います。実践的に金融を学ぶため、即戦力として金融業で活躍できるようになります。

コース指定科目

金融マネジメントコース
 マクロ経済学/ミクロ経済学/金融論A・B/経済数学Ⅰ・Ⅱ/
経営分析A・B/ファイナンスA・B/ファイナンシャルプランナー演習Ⅰ・Ⅱ

目指す進路

ファイナンシャルプランナー/金融業(銀行・証券・保険)/各種団体職員/
企業(総合職)/企業(経営・事務職)/不動産業/国税専門官/財務専門官/公務員 など

Message

資格取得の挑戦から将来の目標が見えてきました

高校は理系のクラスに在籍していましたが、将来に対して漠然とした不安から進路に悩んでいました。そのときに見たのが産経大のパンフレット。目的に沿って多彩に開講されている学内塾の紹介を見て、“自分の頑張り次第で夢がつかめる”と確信し、進学を決意しました。経営学部を選んだのは、パソコンなどの情報スキルも身につけたいと思ったから。お金の流れを知ることは将来の自分に生かせると思い、金融マネジメントコースを選択しました。『マンキュー入門経済学』をテキストに用いたマクロ経済はとてもわかりやすく、これまでと異なる視点で経済を見ているので、学んでいても楽しいです。大学生活は、自由になる時間が増えますが、その時間をどう使うかが問われています。私は、学業と並行して、水泳のインストラクターのアルバイトと資格取得に時間を充てています。宅建(宅地建物取引士)やファイナンシャル・プランニング技能検定3級、日商簿記2級などにチャレンジし、銀行などの金融業界に就職して、その知識・技能を生かしていきたいと考えています。

花森 涼 さん
経営学部2年(宮崎県都城西高等学校出身)