学校案内

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

法学部は、卒業要件を満たし、下記の能力を身につけたと認められる学生に卒業を認定し、学士(法学)の学位を授与します。
1.主体的に学ぶ姿勢と法的思考能力および判断力。
2.社会のさまざまな場面で生じる問題を分析し、対話を通じて理解する力。
3.自ら解決方法を考え、自分の言葉で表現する力。


経営学部は、「マネジメントの知識・技能」、「経営能力と実践能力」、「深い教養と豊かな人間性・国際性」を兼ね備えた人材の育成を教育目的としています。それに基づき、下記の項目を満たした人に学士(経営学)の学位を授与します。
1.マネジメントの知識・技能
 ・マネジメントに必要な経営学の知識を身に付けている。
 ・経営に必要な情報、会計の技能を身に付けている。
2.経営能力と実践能力
 ・専門分野で経営に必要な知識を身に付けている。
 ・問題意識を持ち、その課題に対する論理的な考察を行うことができる。
3.深い教養と豊かな人間性・国際性
 ・教養を深いと判断できるレベルで身に付けている。
 ・英語能力や日本以外の文化圏に関する知識を身に付けている。